FC2ブログ

トイザらスを100倍楽しむ

新しいサンダルが欲しくて、久しぶりにトイザらスに行きました。


■併設型店舗


最寄の店舗は、「トイザらス」と「ベビーザらス」の併設型店舗。

駐車場、授乳室、おむつ交換コーナーが完備されていれば、赤ちゃん連れでも安心です。
ママと下の子はベビー用品、パパとお兄ちゃんお姉ちゃんはおもちゃコーナー、とそれぞれ楽しめるのも併設型店舗の魅力です。

赤ちゃん時代からずっとお世話になっていますが、離乳食もオムツも卒業したこの頃は、たまにオモチャを見に行く程度。

かつてはベビーカーを押しながら、隣のおもちゃコーナーに群がる大きい子どもたちを、

「大きくなったらこんな風になるのかしら・・・」

と眺めていたものです。

はい、なりました!!


■おもちゃコーナー


新しいサンダルが欲しかったのだけど、行ってみて気づいたことが。
靴は15~16センチ、服は100~110センチが上限で、選べるほど種類がなかったのです。

要するに、ベビーザらスで買い物をする月齢を、過ぎてしまったのですね。
確かにもう4歳、「ベビー」じゃありません。
息子の成長を実感しました。

さて、お目当てのサンダルを見終わったら、遊びたくてウズウズしていた息子は走り出しました。
手にとって実際に遊べるおもちゃで、夢中になって遊んでいます。

3歳くらいだと、いつまでも遊び終わらず帰るタイミングを逃していましたが、4歳ともなればおにいちゃんです。

「そろそろ帰るよ。」

「え~っ、あと10ぷん!」

こんな交渉までできるようになりました。


■イベント


栄養相談やベビーサイン教室など、乳児向けのイベントに参加するのもおすすめです。

私も、毎月のように栄養相談に通っていました。
成長と共に変化する食べっぷり飲みっぷりを栄養士さんに相談できて心強かったです。
離乳食の進め方をアドバイスしてもらったり、サンプルがもらえたりして、楽しみでした。

各店舗のページから、イベント情報をチェックできます。

トイザらス・ベビーザらス 店舗情報|The Official Toys"R"Us Web Site


■知育教材・通園グッズ


息子が電車遊びに夢中になっている間、私は近くの書棚でひらがな練習ドリルを眺めたり。
ブロックを組み立てている間は、お弁当箱や水筒をチェックしたり。

貸し借りや順番といった遊びのルールが理解でなかったころは、つきっきりで店内を歩いていました。
しかし成長と共に、知らないお友達とも上手に遊べるように。

ちらちら様子を気にしつつ、親目線の商品チェックもできてなかなか有意義な時間を過ごすことができました。


■ポイントカード
よく行くなら、ポイントカードは必須です。

TOYSRUS BABIESRUS POINT CARD | 特典の案内

急ぎの買い物でなければ、ホームページでポイントデーをチェック。
お得にポイントが貯められます。

ポイントカードの提示で割引になる商品もあります。


買って攻撃が激しい時期は足が遠のきますが、そこさえクリアできれば楽しく過ごせる場所ですね!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かけ

Author:かけ
マイペースな夫とハイテンションな息子、に赤ちゃんが加わって4人暮らしになりました。

最新記事
カテゴリ
人気記事ランキング


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ