FC2ブログ

台所用洗剤のボトルをシンプルに変身させてみた

洗剤の容器って大抵「ケバケバしい」です。
「汚れが良く落ちますヨっ!!」と主張してくる。

良く落ちるほうがそりゃいいのですが。
見えるところに置く場合、目にうるさいのが気になります。

その点、海外製品はパッケージがおしゃれ(に見える)ものが多くて、心ひかれます。

【楽天ランキング市場】台所用洗剤の売れ筋人気商品ランキングをチェックする


■ボトルがおしゃれな台所用洗剤いろいろ


環境にも手肌にもやさしく、見た目もおしゃれ!


マーチソンヒューム ディッシュウォッシングリキッド 480ml


ジマンズ ナチュラル ベルガモット 320ml


フロッシュ アロエベラ 500ml


■おしゃれでも手を出せない理由とは


キッチンに置いても目にうるさくない、おしゃれなボトルで気になる!のですが。

日常使いするにはコスパがよろしくないです。
洗い物の多い倹約ファミリー世帯ではガンガン使えません。

中身をリーズナブルな商品に詰め替えて使うという手もありますが、それもイマイチ。
なぜかというと、大容量過ぎるのです。

上記で紹介した商品をはじめ、おしゃれボトルはほとんどがポンプ式(プッシュ式)です。
ドン!と据え置いてスポンジにリキッドをプッシュ♪と、使い方もこれまたおしゃれ。

狭いキッチンにドン!と大きな顔で居座られるのが抵抗あります。
もっとコンパクトで、控えめなのがいいのです。
そして小柄な日本人女性が片手でスッと持ち上げても「どっこらしょ」とならないサイズがよいのです。


■シンプルなボトルの作り方


おしゃれじゃなくても、とにかくシンプルで目にうるさくないものがいい。
なんかうまい方法はないかしら、と考えた結果、原始的な方法に頼ることに。

それは・・・

「ラベルはがしの術」。

そうです、洗剤ボトルのラベルをはがしてただのボトルにしてしまうだけ、です☆


■おすすめなボトルの形状


ちかごろはやりの、洗浄力が高かったり香り成分が良かったりする洗剤は、容量が少なくボトルも小さいです。
小さいほうが良いって場合はあえてそういった商品を選ぶとよいでしょう。

ボトルは小さくて詰め替える中身は普通の洗剤だと、なくなるのは当然早いです。
やはり、250ml~300mlくらいのサイズがちょうどよいと思われます。


■肝心なのはラベルのはがしやすさ!


ボトルのデザイン以上に大切なのが、ラベルのはがしやすさです。
フィルム状のラベルで、べりっとはがせる状態がベストなのですが、なかなか見つかりません。

ボトルに直接印字されているものは当然はがせませんから、対象外。
プラのラベルと紙ラベルはどちらがはがしやすいのでしょうか?

IMG_1037.jpg

右は紙、左がプラのラベルです。
一見紙ラベルのほうがはがしにくそうですが、意外にもするっとむけました。
一方プラのラベルは、はがしやすいのですが糊が残ってしまいベタベタしてそのままでは使えません。

ちなみに左のセブンプレミアム台所用洗剤。
リーズナブルでボトルも今風。
ラベルはがし後に糊が残るのは残念ですが、除光液で拭き取ればきれいになり、なかなかいい感じです。

IMG_1040.jpg


■コンパクトでおしゃれなボトル探しはつづく


ひとまずは「ラベルはがしの術」でシンプルになったボトルを使ってみることに。
透明なボトルが見つからなかったので第二候補のグリーンにしましたが、色味のないボトルもひきつづき探していきたいと思います。

【楽天ランキング市場】台所用洗剤の売れ筋人気商品ランキングをチェックする
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かけ

Author:かけ
マイペースな夫とハイテンションな息子、に赤ちゃんが加わって4人暮らしになりました。

最新記事
カテゴリ
人気記事ランキング


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログパーツ